女の子に話しかける勇気を養うためのトレーニング方法

好きな女性に話かけようとしても、ネガティブな感情が頭の中を駆け巡ってしまい行動できなくなることは誰でも経験はあるだろう。

  • ぎこちない声かけをしてしまうかも
  • つまらない男だと思われないか?
  • 気まずい空気を作ってしまわないか?
  • 可愛い子が相手だと緊張して上手く話せない

など声をかける前に考えてしまう。

このように自分の行動に対してもう一人の自分がブレーキをかけてくるために「やっぱり自分には無理なんだ」と諦めてしまう。

正直、好きな女性の前でガチガチになる人が上手く話そうとするのは難しい。

好きな女性に良い印象を与えたければ、緊張してはならない。

自分の緊張は相手に伝わってしまい、居心地の悪い雰囲気を作ってしまう。

楽しい会話をするためには楽しい雰囲気を作らなければならない。だから女性は自然な態度で接してくれる男性を好むのだ。

というわけで、女性に話しかけるのに勇気が必要だと思ってしまうような人は、まずはある程度女性慣れする必要がある。

ネガティブな感情が浮かばないくらい自分に自信をもてるように訓練するべきだろう。

会話術を勉強する

コミュニケーション能力に自信があれば積極的に女性と会話をしたくなる。

その自信をつけるためにも本を読んで勉強することをおすすめする。

聞き上手になるための本や途切れない会話の方法などたくさんの本が出版されているから何冊か買って読むとよい。

私はホストクラブで働いているときこのような本を10冊以上は読んだ。

ちなみに世の中のほとんどの男性はわざわざ本を買って勉強しない。だから女性にモテたければちょっとの努力で周りと差をつけることができる。

女性と話す機会を増やす

レベル1からはじめる

 

まずは簡単なことから挑戦し焦らず経験を増やすことが大事である。

  1. お願い事や質問をする
  2. 外で知らない女性に道を聞く
  3. 女性店員さんに商品について聞く
  4. ビラ配り・ティッシュ配りの女性に話しかける

1.職場だったら仕事についての質問や頼み事などの目的で声をかける。会話を盛り上げる必要性のある話をするわけではないので出来るはずだ。

2.とりあえず駅の方向でも聞いてみるとよいだろう。いきなり若い女性だと緊張する場合は、まずはおばあちゃんに話しかけることから始めてみるべし。これはナンパ初心者が地蔵対策に最初にする練習方法である。

声掛けはいつでもどこでも出来る。ちょっとした隙間時間を利用して、毎日一人でも構わないから色んな人に話しかけてみよう。やっていくうちに女性に話しかけることに対する緊張がなくなってしまうはずだ。

3.薬局だと商品についての質問をしやすいだろう。なるべくいろんな店舗で買い物をし、必ず買い物するときには一言声をかけるべきだ。

4.ビラ配り・ティッシュ配りをしている女性は話しかけて冷たい態度をとることはない。仕事なので親切に対応してくれる。

女性に話しかけることに対する免疫がついてきたらナンパだってできる。

ナンパができるようになったら女に困ることはなくなる。毎日可愛い子をとっかえひっかえすることだってできる。それに精神的な余裕が出来上がることで、普段から女にモテモテだ。

毎日女性に声をかけるのが難しい場合

ゴロゴロ

休日は外に出ずに家でゴロゴロしたくなることもあるだろう。

そんな時は、ネットを利用して女の子と知り合ってみよう。仲良くなって電話するとよい。

今は男女の出会いのほとんどがネット経由になる。これを活用しないわけにはいかない。

まとめ

好きな女性に話しかける勇気を持つには自分に自信をもつしかない。

そのために本を読んで会話のやり方を勉強しながら色んな人に話しかけて、女性に対する免疫を作らなければならない。

経験値を積まないまま無理に緊張を隠そうとして話しかけても必ず声、表情、喋り方で見透かされてしまう。

だから毎日少しづつでもいいから女性慣れするための訓練を行うようにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です