彼女にフェラをさせたい!セックス経験浅い女性のフェラへの抵抗感を柔らげる

自分から積極的に咥えてくれるフェラ好きな女(貴重な存在)もいれば、フェラを嫌がる女も存在する。

後者にはフェラという行為に嫌悪感を抱いている女性と、フェラをすることに不必要な心配をする経験が浅い女性がいる。

そんなフェラが苦手な女性に対してムリヤリ口元にチンポを持っていってはいけない。

よけいに抵抗感が強くなる。

下手したらフェラ嫌いを通り越して、チンポ嫌いになってしまう。

それはまずい。チンポ嫌いな女性を世に増やしてはならない。

 

というか、冒頭からフェラ、チンポと汚い言葉を連発しすぎて申し訳ない。

しかし、これから皆さんが読むこの記事には、最後までクッサイ、きたない単語のオンパレードでお送りしてしまうことになる。悪く思わないでほしい。

というわけで話を戻すが、そんな彼女たちに気持ちよくフェラをしてもらうためには、言葉でしてほしいと伝えることが重要なポイントだ。

言葉でしてほしいと伝えてみよう

たとえば、「ちょっと舐めてみて」とか「先のほうだけ口に入れてみて」とか「ワンペロしてみてw」など、「フェラ」という言葉を遣わずに、行為の仕方を直接伝えてあげることで、女の子はフェラをすることへの気持ちのハードルが下がって「よし、やってみよう」と勇気を持てるようになるだろう。

一応セックスをするほどの好きな相手にお願いをされたら無下には断れないしね。

もし、それでも恥ずかしがって中々フェラをしてくれない場合は、「じゃあ、触ってみて」といったん敷居を下げてあげてみるといい。

そこから「そんな感じで口に含んでみて」と指示をしてあげたりすると、抵抗感をやわらげることができる。

 

また、相手がクンニを嫌がらないタイプの女性ならばシックスナイン(69番)の体位に持ち込んでフェラをしやすい雰囲気に持っていくとよいだろう。

とにかくフェラに抵抗感がある女性に対してムリヤリ咥えさせるようなことはしてはいけない。

AVのレイプもののようにムリヤリ頭を掴んでガシガシと自分の股間に顔を押し付けるのはよくない。

下手したら逮捕されるぞ。

 

関係ないけど、最高のシチュエーションのエロ漫画を貼っておく(↓)

ペニスは清潔にしておこう

ちんちんは汚くて臭い汚物だと思っている女性もいる。

なのでフェラに対する抵抗感をやわらげるためにもわかりやすく清潔感をアピールしておくべきだ。

SEXをする直前にシャワー室に入って体を洗っているところを相手にわからせて、安心させよう。

できれば一緒にシャワー室に入ってペニスを洗っているところを直接見せたり、お互いの性器を洗いっこするなどをして安心させておくとよいだろう。

ちなみに風俗嬢がお客さんの体を洗うようにお互いの体を、たっぷり泡立てたボディーソープを塗ったくって洗いっこするとけっこう楽しいし、気分が盛り上がる。

とくにフェラに嫌悪感を抱いている女性に対してはなおさら清潔アピールが必要だ。

あと、トイレに行ってそのままなんてものは一番のNG!

 

それとこの記事を読んでる貴方は包茎ですか?

違ったらいいんですが、もし包茎の場合はすぐにでも治療すべきです。

仮性包茎ならちょくちょく皮を剥いてなんとか誤魔化しがきくが、カントン包茎や真性包茎はほんとどうしようもない。

いくらルックスがよかろうが性格がよかろうが、カントンや真性のペニスを持っていれば女性には確実に嫌われると思っておいたほうがいい。

彼女のフェラが痛かったら「痛いと」いうのはNG

せっかくフェラをしてもらっているのに、歯が当たって痛みを強く感じることがある。

そんなときに「痛い」といって顔をしかめてはいけない。

SEX中の女性は繊細で、「痛い」なんていわれた日にはそれがトラウマになることもある。

もしかするとフェラに嫌悪感を抱いている女性の中にはこのようなトラウマを心に植え付けられた過去があるかもしれない。

なので痛いときは「痛い」と言わずに、体位やアプローチを変えてそれとなく行為をやめてもらう方向にもっていくとよい。

女性の頬に手を当ててキスをする流れに持ち込んだり、自分から体をおこして抱きしめたりすると自然だ。

もし、気持ちよかった場合は気持ちいことをはっきり言葉にして相手に伝えるべきだ。そうして自信をつけさせる。

 

とにかくフェラが下手な女性に対しては優しく、少しづつ慣らしていくようにするべきだ。

焦ってはいけない。せっかちは早漏の始まりだ。

 

そして、ここまで読んでくれている貴方の一物がどんな形かは知らないが、基本チンチンは太くて長くてイカ臭いもの。

経験が浅い女性にとってはフェラはきつくて難しいものであ~る。

だから相手を思いやり、優しい気持ちをもって女性に接してもらいたい。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です