風俗店で講習員をやる男は全員風俗嬢に悪口を言われる事実

私は過去にピンサロ店で働いていたことがある。

私が所属していた店に入店した新人の女の子は経験者もふくめて必ず講習をうけさせられていた。

当然だが男はみんな講習員になりたがる。だが、女の子は講習で金を稼げるわけではないので、ほぼ全員が嫌々受けている。

 

男性従業員が講習員になれる条件は役職が上の人間か、長く働いている人間である。

一応講習ではサービスの手順や流れを簡単に教えるのだが、ピンサロの場合は他のデリヘルとか箱ヘルなどに比べてさほど教えることなんてないし、処女が相手ではない限りわざわざ体を使って実践するほどでもない。

はっきりいって講習という名を冠しただけのタダ風俗だ。

若い女の子と無料であんなことやこんなことを楽しめるとあっちゃあだれもかれもが講習をやりたがる。

風俗の講習は入店時だけではない

うちの店長は暇なときによく店の子に講習を名目に性処理の手伝いをさせていた。大雨で客がこない時間帯なんかは狙い時だ。

店長は客がこない暇な時間帯に、待合室で待機している女の子に仕事の話を持ちかけて、そこで指名を欲しいと思い悩んでいる女の子に本指名を得るためのアドバイスをする。

そして実践練習に誘いだすのだ。

 

私は実際に講習でどんなことをしているのかが気になって、店長に聞いてみた。

すると思いもよらない返事が返ってきた。

本サービスではほぼやる事がないアナル舐めをさせるとのこと。理由はアナルを舐められるのが好きだからという理由だ。

そしてしっかり射精までするらしい。

わたしは講習でわざわざ射精までするべきか?女の子の口に含ませた精子の処理の仕方までチェックする必要があるのかな?などと不思議におもった。

ただ、正直羨ましかった。私もいつか男性講習員になりたいと思うようになっていた。

男性講習員は風俗嬢に話のネタにされていた

私が2年くらい働いてそれなりの役職に就いたころに、社長に講習をやってみるか?と聞かれた。

私にとって念願だった講習への参加であったのだが、けっきょく断ってしまった。

断った理由は、前ほど講習に興味がなくなったのと、女の子達が講習を担当した男性従業員の悪口を頻繁に言い合っていたからだ。

あの人のちんぽは亀頭がでかい、臭い、舐める前から我慢汁が出てた、あの人はしつこくクンニしてきてキモかったなどど笑いのネタにしているのを間近で聞いていた。

女子同士での下ネタトークはけっこうエグいと噂されている。私も何度か女性の下ネタは聞いたことがあるが、風俗嬢のは比較にならないほどのエグぐさである(笑)

 

私はお店の女の子と友達感覚で接していた。仕事帰りにカラオケに行ったりボーリングをしに行ったりするほどの仲だったから、店の子たちは私がそばにいても気にせずに悪口や下ネタを話していた。

そのせいもあり、私はすっかり講習への興味を失った。

最後に

この記事を読んでいる人のなかには、現在風俗店スタッフとして働いている人もいるかもしれない。講習に興味がある人もいるかもしれない。

ただし講習をすることになった場合、店の女の子たちにおもちゃにされることを覚悟の上でやるべきだろう。

以上、風俗店の講習裏話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です