女子高校生とのセックスを暴露されるYouTuberよりひとはゴミだなあ

淫行はもっとも恥ずかしい犯罪である。

人気ユーチューバーである『よりひと』は現在、2度目の淫行が発覚し、活動休止をしている。

この件について、TwitterなどのSNS上やYouTube動画のコメント欄でよりひとに対するバッシングが飛びかい荒れに荒れまくってる状況だ。

そして物申す系ユーチューバーは、ここぞとばかりによりひとの未成年淫行事件に物申ししている。

よりひとは普段、世間から嫌われている人物やお騒がせユーチューバーをネタに取り上げ弄ったり説教したりしている。世間から嫌われている人物を世間の気持ちを代弁するように説教するよりひとを見た視聴者は、胸のすくおもいをしただろう。

だが自分自身がやらかしてしまった今回の件で、コレコレに攻められる彼には普段の強気なキャラは見る影もない。

今後上からの立場で説教できなくなったよりひとが、物申す系ユーチューバーとしての活動していくのは非常に厳しくなるだろう。

ガラリと路線を変えた動画を投稿するか、そのまま「お前が言うなよ!」と突っ込まれる覚悟で説教系物申すユーチューバーを突き進むしかない。

どちらにしても厳しい。はっきりいってよりひとオワコンである。

今後の物申す系ユーチューバーは遠藤チャンネルの時代になるだろう。世間から嫌われている遠藤チャンネルだが、彼がよりひとの代わりを担うのも、悪くないだろう。

今回の未成年淫行が暴露されるまでの流れ

さて、一旦ここで今回のよりひと活動休止に至るまでの流れについて整理をしてみよう。

よりひとと17歳のJKが付き合う。

しかし、よりひとの扱いが途中から雑になり、ただのセックスをするだけの関係となってしまったことに嫌気がさしてJKが別れを切り出す。

よりひとはJKとの関係性が表に出ることを恐れて「お父さんに言うよ?」と脅迫する。

怖くなったJKが、YouTuberの「コレコレ」に助けを求める。(動画内で暴露する)

よりひと 、保身のため「JKとSEXはしていない」と嘘を付く。

未成年淫行がバレたくないよりひとは「アルティメットぼんばぁ」やkimonoちゃんなど、仲間に対してまで嘘を貫く。

よりひとの嘘を信じていたアルティメットぼんばぁは、JKが嘘をついていると決め込み、よりひとをかばう。

だが、コレコレの生放送中に、証拠写真が出てよりひとは未成年淫行を認めてしまう。

アルティメットぼんばぁは、よりひとに「私にも嘘をついていたの?」と言って大泣きする。

さらに同様の手口でよりひとにオフパコされ脅された経験がある未成年の暴露者が次々と現れる。その数なんと20人ほど。ワオ!

ここまで事件の流れを把握するために、たくさん動画を見漁った 笑

よりひとはゴミである

よりひとの気持ちもわかる。はっきりいってJKは女の全盛期だ。私だって女子高校生とセックスをしたい。

女子高生はものすごく魅力的だ。私の個人的な意見を言わせてもらうと、最も美味しい食べごろの果実を禁止するような淫行条例なんてもんは馬鹿らしいにもほどがある。

だから私は未成年淫行をやらかしてしまった男を同じ男として非難する気持ちはない。

だが、国が駄目だと決めていることはやってはいけない。ましては有名人がやることではない。

どうしてもやりたければ、絶対にばれないようにするべきだ。違うか 笑

それなのになぜよりひとは女子高生を雑に扱ったのか?

JKを脅迫するなんて馬鹿すぎるだろう。あまりにもアホすぎる。私は呆れと驚きで開いた口が5分も塞がらなかった。

大人が体の関係をもってはいけない17歳の女を相手にするのなら、常に最悪の事態を想像しながら慎重に付き合っていかなければならない。私は彼のことをもっと賢い人間だと思っていたのだが、どうやら見当違いのようだった。こんなやり方では暴露されても仕方がないだろう。

17歳と付き合うなら真剣に交際するべきだ。女はいつか男を裏切るぞ。

そもそも大人が未成年と付き合う時点で、相手に自分の弱みを握られているようなものだ。

嫌われると関係性が暴露されると思いながら付き合っていかなければならない。

 

うまく女と別れるためには、相手が自分に自然と興味を失ってしまうように仕向けていかなければならない。なんでこんな魅力がない男のことを好きになったんだろう?と思わせなければならない。

これはホストが金がなくなって使い物にならなくなった太客を切るときに使う手段だ。

金がなくなったからって理由で急に客を雑に扱ったり振ろうとしたりすると、女は使った分の金を取り返そうとしてありとあらゆる嫌がらせや復習を仕掛けてくる。リストカットをしたり、包丁を手にして刺したりすることもよくある。

女はものすごく怖い生き物だということを忘れてはならない。別れるなら女に嫌われないよう恨まれないようにするためにも、向こうが一方的に冷めてしまって自然と連絡が途絶えてしまうくらいになるように仕掛けていくべきだ。

有名になるには何かを犠牲にしなければならない

有名ユーチューバーは、今や芸能人と同じような立ち位置にあるためイメージを落とすような炎上や犯罪を犯すべきではない。

不倫、淫行、大麻なんてものは影響力がある人間は絶対にやってはいけない。

よりひとは有名ユーチューバーとしての自覚をしっかりともつべきだ。

二度あることは三度ある。性欲は人間の三大欲求だ。よりひとはまた女子中高生に手を出す可能性がある。同じ過ちを何度も繰り返さないためにも、世間のバッシングを真摯に受け止めなければならない。

そして犯罪を抑止するための体験をして、ロリコン病を治すためにも一度逮捕されるべきであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です